ホーム > 思い出 > 市場の中に深入りする

市場の中に深入りする

とうとう開始する時という場合には、下調べをおろそかにしてはいけません。

 

売買を始める前であるとすれば、その物を論理的に眺める事ができるゆとりがあります。

 

だが、ひとたび市場の中に深入りすると、どうあがいても見え方が偏ったものになりがちで、しっかりとした判断が出来なくなる可能性があります。

 

だからこそ自分の精神が客観的な間に適切に準備する事が大切なのだ。

 

"準備"のためには、何はともあれ己の筋書きを作る事から開始します。

 

将来の相場は下がる(または上がる)から、この外貨をエントリーするといった自分なりのストーリー展開を考えていきます。

 

次に重要なのは日足チャートをチェックしよう。

 

これまでの為替相場の上がり下がり見つめて、現時点の相場を見ます。

 

すると、「今は結構行き過ぎた状態にあるな」など、他には「もうすでにたくさんの投資家の方々が仕かけているから今から大急ぎで買い(または売り)してももはや間に合わないな」などと見えてくる。

 

もちろん今はもう売買するのが手遅れだなと考えたならば、何もせず、そこは潔くあきらめることか大切です。

 

どう試みてもあなたの筋書きを引き下げないで強引にトレードすると、マーケットに跳ね返されてかえって損することになる危険があります。

 

とは言うもののかなりの場合では準備万端の台本を考えていくと、売り(または買い)が手遅れという具合にはならないでしょう。

 

実際にマーケットが変動する前の状況のはずだからです。

 

その次に差し当って自分がとろうと検討している外貨の上下動を、きちんと確かめる事が重要です。

 

仮定として円安に向うはずだという物語を記したのであれば、該当する外貨の推移に注目しておくことだ。

 

為替相場の上げ下げを注視し始めたときでは、まだ該当の外貨は変化する素振りを見せることはなく上がったり下がったり細かい上下動をしているだけでしょう。

 

しかしながら、その上下動をしっかりと確認していると、あるポイントで少しずつ、円安の方向へと動き始めてくる。

 

この場面でやっと、ドル円の取引します。

 

緻密に準備を考えておけばその取引で勝てる確率は大きくなるはずです。